婚活が辛い、やめたいと思ったあなたに読んでほしい|婚活女子の実践対処法

婚活

婚活アドバイザー マジョミです。

婚活をしていると疲れたって思うことはよくあるわよね。
婚活は楽しいけど、辛い事ややめたいことやうまくいかないこともいっぱいあるからたまに疲れてしまうのは当然よね。
特に20代後半のアラサーになると思い通りにいかない部分や周囲からのプレッシャーなどもあるから余計に疲れるわよね。
ここでは婚活に疲れてしまった婚活女子が、ピンチをどのように乗り切ればいいのかを教えてあげるわ。

婚活が辛い、やめたいと思ったあなたへの対処法①|結婚への焦り

まず婚活に疲れる理由を分析する必要があります。
理由がわかれば対策はあります。
婚活がうまくいかない、やめたくなってしまう理由の例を挙げて、それぞれの対策を考えてみました。
あなたはどのタイプが当てはまるでしょうか。
まず20代後半のアラサー女性の場合に大きな理由となるのが結婚への焦りです。
本格的な婚活をしているということは結婚願望が強いということでしょうが、その願いがなかなか叶わないのはストレスになります。
せっかく積極的に出会いを求めて婚活をして、男性に気に入られるための努力もしているというのにそれが報われないのではいつ心が折れてしまってもおかしくありません。
特にアラサー女性になると結婚へのリミットを決めている人も多く、そこから逆算するとこのままではいけないという焦りが強くなります。
そういった積み重ねが婚活への失望に繋がっていき、もうやめてしまいたいと思うようになります。

この状態に陥ってしまった人は婚活に目標を立てることをやめてしまいましょう。
婚活をしているからには結婚というゴールは目指すのは構いませんが、「結婚するための婚活」から「素敵な人と出会うための婚活」に変えてみてはどうでしょうか
とにかく結婚をしないといけないという意識が前に出過ぎると婚活を楽しむことができません。
婚活は本来は今まで出会ってこなかった人との巡りあいを楽しむものですので、うまくいっていない時にはまだその人に会えていないだけと捉えて焦らずに待ちましょう。

結婚を焦り過ぎていることは男性にも伝わりますのでそれもうまくいかない理由になってしまいます。
相手の男性はあなたとの出会いを楽しんで、これから良い関係を結んでいきたいと考えているのに、肝心のあなたがすぐに結婚をするかしないかの決断を迫ってきたら相手としてはプレッシャーです。
その煮え切らない態度にあなたは失望してしまうでしょうが、それでは時間をかければ実になったかもしれない関係も終わってしまいます。
焦らずに自然体で婚活を楽しむようにした方が結果的に良い方向に導いてくれます。

婚活が辛い、やめたいと思ったあなたへの対処法➁|男性への意識

初対面の人と多く会わなければならないというのも婚活の疲れるところです。
婚活をしていると婚活パーティーやマッチングアプリで知り合いを増やしていくことになります。
人と会うのが好きですぐに仲良くなれる性格の人であればそれも良いでしょうが、あまり得意ではない人はそれだけで婚活をやめたくなるには十分な理由となります。
しかも相手はこれから将来を共にするかもしれない人だと考えるとついつい色々な部分をチェックしてしまいますし、自分のことも良く見せなければなりません。

そんなことを繰り返していると神経がすり減ってしまいますので、時々はリフレッシュをしていくことも必要です。
つまりあまり男性を結婚相手候補としてみないように心掛けるのです。
趣味の合う友達探しくらいの感覚でいて、例えばマッチングアプリなら条件を指定せずに話しの合いそうな人だけと会うのです。
楽しむことをメインとして趣味のサークルやスクールに通ってみても良いでしょう。
婚活そのものはやめないとしても本気度を一時的に落とすのです。

結婚相手を探しているから色々なことを考えてしまって人に会うのが嫌になってしまうのです。
もっと気楽に友達を増やそうとすれば相手の男性のプロフィールは重要ではなくなりますし、自分をそんなにアピールする必要もありません。
気が合えばお付き合いすればいいですがそれはまた後で考えればいい事です。
出会いを切らさないことだけは気をつけていれば、もう一度婚活を頑張ろうと思えた時にも困らないで済みます。

婚活が辛い、やめたいと思ったあなたへの対処法➂|現実を見つめ直す

婚活をしていると現実にうんざりしてしまうこともあります。
理想的な出会いの少なさもその一因です。
アラサー女性ともなると男性を見る目も肥えてきますので、出会う男性がイマイチだと「婚活なんてこんなものか」とガッカリしてしまいます。
本気で婚活をすればすぐに素敵な男性に会えると思っていたら全然いないとなれば期待外れになって婚活に失望するのも理解できます。
ですが婚活はそんなに甘いものではありません。
婚活の体験談などですぐに素敵な人に出会えたなどの記事を目にすることがありますが、全員がそうだとは限りません。
単純に運が無い場合や、条件がそもそも現実的ではないなど要因はいくつか考えられますが、婚活はそんなものだと思っておいた方が良いです。

選ぶべき対策は2つです。
1つは理想の相手に会える日を気長に待つこと、もう1つは条件を緩めることです。
これは個人の考えがあるのでどちらが正しいということはできませんが、自分の意思で決めた方が良いです。
婚活で最大の失敗は自分が納得のいかない結婚をすることですので、婚活がうまくいなくて悩んだ時には自分がどうしたいかをもう一度見つめ直すきっかけにしてください。
婚活の現実は厳しいものですが、だからこそ自分の意思は強く持っていないと振り回されて疲れてしまいます。

最後に挙げたい婚活に疲れた時の乗り切り方は、自分に自信を持つことです。
婚活は相手選びも重要ですが、同時にあなたは男性から選ばれる立場にもあります。
他人から受け入れられないことは傷つきますので、そんなことが何度もある婚活をやめたいと思うのも当然のことです。
ですがそれは婚活としての相性の問題ですのでただちにあなたの人格や人生を否定するものはないということを覚えておいてください。
アラサーであることを理由に断られたとしてもそれはその男性の価値観の問題ですので、自信を失う必要はありません。

それでもどうしても落ち込んでしまうという人は婚活と並行して自分磨きをして自信をつけましょう。
特技を持つのも良いですし、美に磨きをかけても良いです。
拠り所となる自分がいれば多少婚活で選ばれなかったからといって婚活から離れる必要はなくなります。

婚活が辛い、やめたいと思ったあなたへの対処法|まとめ

マジョミ
マジョミ

これまでの話をまとめると、

➀ 結婚を焦らずに自然体で婚活を楽しむようにする

➁ 結婚相手を探すのでなく、気楽に友達を増やそうと心がける

➂ 相手に求める条件を緩めたり、理想の相手に会える日を気長に待つ

やはり婚活が上手くいっている人の共通点は、婚活を気楽に捉えている事ね。気持ちの余裕が相手にも伝わって結果的に上手くいくのね。
婚活に対する考え方や基準を変えていきながら上手に乗り切っていきましょう。
婚活をやめるのは簡単ですが、後悔しないで済むように婚活への臨み方を考えていってね。

タイトルとURLをコピーしました